ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーとは、女王蜂のみが食べることを許される栄養価の高い健康食品のことです。

ローヤルゼリーTOP > ローヤルゼリー

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーとは、ミツバチが花から集めてきた花粉を体内で消化・分解・生成し、下咽頭腺と大あご腺から出した乳白色の分泌物のことです。

ミツバチは、春から夏にかけて、女王蜂候補となる幼虫が集まる『王台』を作ります。

やがて、王台に生み付けられた卵がふ化すると、働き蜂は女王蜂育成のためのえさとしてローヤルゼリーを分泌させ、王台の中に貯蓄します。

養蜂家は、この働き蜂の習性を利用し、人の手によって作られた『人工王台』を巣箱にセットすることでローヤルゼリーを採集しています。

女王蜂のためのローヤルゼリー

ローヤルゼリーは蜂たちの長となる女王蜂のみに与えられる特別食として、別名『王乳』とも呼ばれています。

その名があらわす通り、ローヤルゼリーは非常に栄養価が高く、必須アミノ酸を含む22種類のアミノ酸のほか、7種類のミネラル、11種類のビタミンなど、主要な栄養素が実に40種類以上も含まれています。

そんなローヤルゼリーを食べて育つ女王蜂は、働き蜂の2倍ものサイズに成長する上、働き蜂の30~40倍にあたる3~4年という長い寿命を誇っています。

ちなみに、体重わずか0.1gのミツバチが生産するローヤルゼリーの量は非常に少なく、1つの王台で摂取できる量はわずか300mg程度と言われています。

健康食品としてのローヤルゼリー

ローヤルゼリーの健康への効果・効能が注目され始めたのは1954年の頃です。

当時のローマ教皇が老衰によって危篤状態に陥った時、主治医のひとりがローヤルゼリーを投与したところ、驚くべき回復をみせ、生還を果たしました

これにより、ローヤルゼリーの効能が世界的に広まり、日本でもさまざまな形でローヤルゼリー配合の健康食品が流通するようになっています。

特に現代では飲みやすさや保存性を考慮し、カプセルや錠剤などのローヤルゼリーサプリメントが主流となっています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.