ローヤルゼリーのビタミンとたんぱく質

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーには、4種類の良質たんぱく質と各種ビタミンが含まれています。

ローヤルゼリーTOP > ビタミンとたんぱく質

たんぱく質・ビタミンが豊富なローヤルゼリー

ローヤルゼリーには、良質なたんぱく質とビタミンが豊富に含まれています。

たんぱく質は髪や皮膚、筋肉を形作っている成分であり、人間の体の20%を占めています。

また、ビタミンは人間の体を正常に働かせるためになくてはならない成分ですが、そのほとんどは生体内で合成生産できないため、外部からの定期的な摂取が必要となります。

ローヤルゼリーはたんぱく質とビタミンを両方摂取できる貴重な栄養源として注目を集めています。

ローヤルゼリーのたんぱく質

ローヤルゼリーには、アルブミン・グロブリン・アピシン・ロイヤリシンの4つのたんぱく質が含まれています。

アルブミン 血漿タンパクの約6割を占める主要成分。体内においては、アミノ酸や脂肪酸の運搬、血中の膠質浸透圧の維持などの働きを行っており、アルブミンが不足するとむくみや浮腫などの症状が起こります。
グロブリン アルブミンと同じ血漿タンパクのひとつ。体内の免疫機能に関与しており、病原菌などの外敵から体を守ります。
アピシン ローヤルゼリーの中で最も多く含まれているたんぱく質。細胞の増殖能力を向上する働きがあり、若返り効果が期待されています。
ロイヤリシン 抗菌性たんぱく質の一種。もとはミツバチを細菌の感染から守るために備わった生体防御物質で、菌の種類によっては抗生物質レベルの抗菌力を発揮します。

ローヤルゼリーのビタミン

ローヤルゼリーには、ビタミンB群を中心とするさまざまなビタミンが含まれています。

ビタミンB1 エネルギー生成に関与するビタミンB群。不足すると疲労が回復しにくくなります。
ビタミンB2 ビタミンB1同様、エネルギー生成に関わっているビタミンB群。不足すると肌荒れや皮膚障害の原因となります。
ビタミンB6 たんぱく質の代謝に関係するビタミンです。不足すると皮膚炎や貧血の原因となります。
ビタミンB12 脳の活性化や造血機能を促進するビタミンです。不足するとイライラや不眠などの原因となります。
ナイアシン 糖質・脂質・たんぱく質の代謝を行う際の補酵素となるビタミンです。循環系、消化系、神経系の働きを促進します。
パントテン酸 糖代謝や脂肪酸の代謝において重要な役割を果たすビタミン。エネルギーの代謝を促進するほか、ストレスに対する抵抗力を高めます。
葉酸 組織細胞の発育に関与するビタミン類。特に妊娠中の女性の摂取が推奨されており、神経管閉鎖障害を予防します。
ビオチン 水溶性ビタミンの一種。アトピー性皮膚炎などの皮膚炎を改善するほか、血糖値を低下させる働きがあります。
イノシトール ビタミンB群の仲間。脂肪の流れを良くし、体の中に脂肪をたまりにくくする肥満予防効果があります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.