一日の摂取量と注意点

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーを摂取する場合は、1日の摂取量や飲み方に注意が必要となります。

ローヤルゼリーTOP > 摂取量と注意点

ローヤルゼリーの1日の摂取量は?

ローヤルゼリーを選ぶ際、まず注目したいのがローヤルゼリーの含有量です。

ローヤルゼリーは健康食品なので、1日の摂取制限量は特にもうけられていませんが、大量に摂ったからといって、そのぶんめざましい効果が得られるわけではありません。

逆に、大量摂取することによってお腹がゆるくなってしまうこともありますので、1日の摂取量は500~2000mg程度が適当です

よって、ローヤルゼリーを選ぶ際は、パッケージの摂取目安量を確認し、1日でどれだけのローヤルゼリーを摂取できるのかをチェックするとよいでしょう。

ローヤルゼリーの粗悪品に注意

上記で、パッケージに記載されている摂取目安量を確認すると良いと述べましたが、中には記載通りのローヤルゼリーを含有していない粗悪品も存在します。

たとえば、1粒あたり500mgのローヤルゼリーを含有と表記されている場合でも、実際には500mg中に副原料や添加物が多めに混じっていることもあるのです。

ローヤルゼリー商品の規定では、全体の重量の6分の1以上がローヤルゼリーでなければならないという決まりになっていますが、パッケージの含有量だけを当てにすると粗悪品をつかまされるおそれがあると言えるでしょう。

そのため、ローヤルゼリーを購入する際は、品質管理の徹底しているメーカーかどうか、生産工程がしっかりしているかどうか、事前に下調べするのがベストです。

その他注意点

ローヤルゼリーは医薬品ではないので、飲み方に特別なルールはありません

しかし、ローヤルゼリーの飲み方によっては、せっかくの栄養素を損なってしまうおそれもあります。

たとえば、ローヤルゼリーには貧血予防に欠かせない鉄分が入っていますが、ローヤルゼリーと同時にお茶類を飲んでしまうと、お茶の中のタンニンが鉄分の吸収を阻害してしまいます。

また、生ローヤルゼリーは飲みにくいからと、蜂蜜と混ぜて飲むケースも見られますが、蜂蜜のような糖分と同時摂取すると、体内のビタミンB1が消耗し、それだけローヤルゼリーが作用しにくくなります。

以上のことから、ローヤルゼリーを服用する際は、お茶や糖類を控えるよう心がけましょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.