生活習慣病への効果

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーには、生活習慣病に有効なデセン酸やBCAAが含まれています。

ローヤルゼリーTOP > 生活習慣病

ローヤルゼリーで生活習慣病予防

現代の日本では、肉類を中心とする食の欧米化が進んだ影響で、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の発生率が上昇しています。

これら生活習慣病は動脈硬化のリスクを増大させることにつながり、放っておくと心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる重大な病を誘発させるおそれがあります。

ローヤルゼリーには、生活習慣病を予防する栄養素が豊富に含まれており、現代人の健康増進にぴったりの健康食品として注目を集めています。

デセン酸で生活習慣病予防

ローヤルゼリーには、ローヤルゼリーにしか含まれない特有成分『デセン酸』が含まれています。

脂肪酸の一種であるデセン酸には、糖の代謝を助けるインシュリンと似た作用があり、体内の糖代謝を正常化する働きがあります。

また、自律神経を整えて血圧をコントロールする働きがあり、高血圧予防にも有効です。

さらに、高脂血症のもととなるコレステロール値を下げる作用を持つことから、生活習慣病予防に最適の成分となっています。

ローヤルゼリーの品質はデセン酸の含有量で決定され、デセン酸が多いほど高品質なローヤルゼリーと認められます

BCAAで肥満予防

肥満は生活習慣病のリスクを高める現代病であり、最近ではメタボリックシンドロームとして話題となっています。

ローヤルゼリーには、そんな肥満の解消に最適なBCAAが豊富に含まれています。

BCAAとは『分岐酸アミノ酸』のことで、人体を構成する20種類のアミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つの必須アミノ酸を指します。

BCAAは脂肪燃焼に必要な筋肉を形成する働きがあり、BCAAの摂取によって内臓脂肪を減らす効果が期待できます。

ローヤルゼリーにはBCAAの他にも、全部で22種類ものアミノ酸が含まれており、燃焼系アミノ酸によるダイエット効果が注目されています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.