更年期障害への効果

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーには、更年期障害に有効なデセン酸やアセチルコリンが含まれています。

ローヤルゼリーTOP > 更年期障害

更年期障害とは

更年期障害とは、卵巣機能の低下による女性ホルモン『エストロゲン』の欠乏が招くさまざまな不調を指します。

50歳前後の閉経時期をはさんだ約10年間ほどに発症するケースが多く、日本では現在、約2000万人の女性が更年期障害を持っていると言われています。

症状としては、動悸やめまい、ほてり、のぼせ、不眠、疲労感などの体調の変化とともに、情緒不安定、不安感、イライラ、抑うつなど、精神的な症状が現れるところが特徴です。

2002年に更年期世代の勤労女性に対する調査を行ったところ、8割の女性が何らかの更年期障害を感じており、さらにその4割は仕事に不都合が生じるほど症状が重かったことが報告されています。

デセン酸で更年期障害を改善

ローヤルゼリーの特有成分のひとつに脂肪酸の一種『デセン酸』があります。

デセン酸は女性ホルモン『エストロゲン』と同じ作用を持っており、乱れた自律神経を整えたり、ホルモンバランスの崩れによる更年期障害を防ぐ効果を持っています。

実際、更年期障害に悩んでローヤルゼリーを摂取する女性は多く、飲み続けると症状が改善されたという声も多く上がっています。

デセン酸はすべてのローヤルゼリーに含まれていますが、品質の高いものほど含有率が高く、ローヤルゼリーの質の基準にもなっています。

アセチルコリンも有効

更年期障害は投薬による治療法も行われていますが、これらの薬剤のほとんどは乱れた自律神経を整える効果を持っています。

そこで注目されているのが、ローヤルゼリーに含まれている『アセチルコリン』です。

アセチルコリンは神経伝達物質のひとつで、自律神経のバランスを整え、更年期障害の症状を和らげる作用があります。

以上のことから、デセン酸とアセチルコリンを同時に含有しているローヤルゼリーは更年期障害の改善に最適な健康食品と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.