糖尿病の予防効果

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーには、インスリンの内分泌を促進し、糖尿病を予防する作用があります。

ローヤルゼリーTOP > 糖尿病

現代人に増加する糖尿病

糖尿病は生活習慣病のひとつで、体内の血糖値が高まっている状態を指します。

本来、体内の血糖はインスリンと呼ばれるホルモンによって調整されますが、何らかの原因によってインスリンが不足すると、ブドウ糖が血中にたまってしまい、血糖値が上昇してしまいます。

糖尿病になると、だるさや精力減退、食欲不振、体重減少などの症状が起こるほか、ひどくなると狭心症や肝硬変などの重篤な症状を引き起こすおそれがあります。

糖尿病はほとんどの場合、過食や高カロリー食の摂取、運動不足などが引き金となっていることから、俗に『ぜいたく病』とも呼ばれており、食の欧米化が進む現代日本では糖尿病予備軍が増加傾向にあります。

ローヤルゼリーで糖尿病予防

ローヤルゼリーには高血圧などの生活習慣病を予防するはたらきがありますが、糖尿病にも有用な効果を発揮します。

ローヤルゼリーにはインスリンの生成に関与しているビタミンB群を豊富に含んでおり、内分泌を促して血糖の上昇を予防する作用があるのです。

また、ローヤルゼリーには疲労回復に有効なアミノ酸やたんぱく質が豊富に含まれており、糖尿病による倦怠感や疲労感を回復してくれます。

臨床実験でも効果を発揮

ローヤルゼリーによる糖尿病予防効果については、臨床実験でも認められています。

国内大手養蜂場『山田養蜂場』は、岡山大学大学院の川崎教授との共同研究により、ラットに果糖飲料水を与える臨床実験を実施。

その結果、果糖飲料水と一緒にローヤルゼリーを投与したラットは、インスリン抵抗性(インスリンが作用しにくくなる状態)の進行が抑制されていることが確認されました。

この研究結果により、山田養蜂場はローヤルゼリーに糖尿病予備軍の初期症状を予防する効果があると学術誌に正式発表しています。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.