アンチエイジング効果

ローヤルゼリーランキング|効果と副作用

ローヤルゼリーには、体の老化を防ぐアピシンやアセチルコリンが豊富に含まれています。

ローヤルゼリーTOP > アンチエイジング効果

ローヤルゼリーはアンチエイジングの秘薬

いつまでも若々しく、元気でありたいと願う方にとって、アンチエイジングは永遠のテーマ。

加齢による老化はある程度避けられないところもありますが、しかるべきエイジング対策をとっておけば、老化を食い止めることが可能です。

アンチエイジングと言うと、最近では肌のシワ・シミ・くすみ・たるみなど、美容への効果が有名ですが、そのほかにも、疲労回復や体力の向上など、健康への作用も期待できます。

アンチエイジングに有効な成分はいくつかありますが、中でも昔から『不老長寿の秘薬』とされているローヤルゼリーは優れた若返り作用を持ち合わせています。

アピシンでアンチエイジング効果

ローヤルゼリーは『栄養の宝庫』と呼ばれており、良質なたんぱく質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

中でも『アピシン』と呼ばれるたんぱく質は代表的なアンチエイジング成分として知られており、体内細胞の増殖能力をアップさせる作用があります。

細胞の増殖は体の若返りに直結しており、肌の代謝活動を向上したり、体全体の活動をイキイキさせてくれます。

アピシンの作用については実験でも明らかになっており、培養中のヒトの血液細胞にアピシンを投与したところ、1日で細胞が5倍に増え、5日後には7倍に増殖したというデータが報告されています。

アセチルコリンでアンチエイジング効果

女性にとって、いつまでも若々しく、ハリのある肌を保つのは大切なこと。しかし、加齢とともに女性ホルモンが減少すると、肌のハリが失われ、シワやたるみが目立ってきます。

女性ホルモンは卵巣から分泌されていますが、卵巣にホルモン分泌を促す命令を出しているのは『間脳』と呼ばれる部位です。

そのため、『女性の老化は間脳から始まる』とも呼ばれており、間脳の若さと女性の若さは比例すると考えられています。

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンには、衰えた間脳を若返らせる作用があり、間接的に女性ホルモンの分泌を促し、肌のハリ・ツヤをよみがえらせてくれます。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ローヤルゼリーランキング|効果と副作用 All Rights Reserved.